アトピー 漢方

かゆみを抑え症状を早く改善出来るアトピー治療!

アトピーの症状は薬を使いながらそのアレルギーの原因となっているものを避けるということが基本となります。ただそれだけではなかなか良くならなくて、ツラい症状に悩んでいる方が多くいます。

かゆみを我慢しながら、抑制された生活を続けることは難しく、治療をやめてしまう人がいるということも事実です。そしてたとえ仮に良くなったとしても症状が再度出てきてしまうことも・・・。アトピーの治療は一筋縄では行かないんです。

そんなアトピーの治療法として効果的なものだと漢方による治療が挙げられます。毎日飲み続けることで体質を改善し、アトピーの症状が出ないようにするという治療法です。ただ漢方は費用も決して安くはなく、その効果が出るまでに長い時間が掛かってしまうのが難点です。

そこで当サイトではかゆみを抑えて、アトピーを漢方よりも早く治すことが出来るものを紹介しています。アトピーの一番の悩みになる「かゆみ」から改善していけるの、掻いてしまうことで症状が酷くなることも避けられます。

費用も漢方を続けるよりもずっと抑えられるので手軽に始められますし、多くの方がコレでアトピーを治すことに成功しています。まずは詳しい情報だけでも見てみてください!

今あるツラいかゆみから開放される上、早期での改善も可能なので、アトピーの症状に日夜悩まされている人は試してみる価値があると思いますよ!

これで対策、あっという間にアトピーとコーヒーの関係がわかる

コーヒーに多量に含まれるカフェインは、アトピーに大変良くないといわれています。理由は、色々あります。

まず、アトピー患者に不足しがちなビタミンをカフェインが壊してしまうというのです。ビタミン類は体内のバランスを整えてくれたり、アトピー患者に必要な酵素の働きを助ける作用があります。また、湿疹や炎症が治まった後の色素沈着を軽減する効果があるのもビタミンの特徴の一つです。

また、過敏症の一種であるアトピーに、刺激物が悪影響を及ぼすともいわれています。アトピーは皮膚が通常よりも過敏になった状態で、あらゆる物に過剰に反応をしてしまうのですから、刺激の強いカフェインが体に良くないというわけです。眠気や倦怠感を払拭する作用のあるコーヒーは、健康な人にとっても強い刺激のある飲料であるといえるでしょう。

更に、コーヒーにはアトピーの大敵である油分が多く含まれています。腸内環境を整えて善玉菌を増やし、小腸を健康な状態に保つためにも、油の摂り過ぎはいけません。コーヒーに砂糖やミルクを入れることにも同じ効果があるといえます。

アトピーと直接の関係はないものの、痒みとの関連性が高いというわれているヒスタミンという物質が、主に豆類に多く含まれているために、痒みを引き起こす可能性もあります。痒みが発生するだけでも辛いですが、掻くことで炎症がより悪化したり、傷口から菌が入り込み、かえって悪くなってしまうことも考えられるのです。

そして、カフェインを摂りすぎることで神経を興奮させるため、睡眠をきちんと取れなくなることがアトピーの症状をより悪化させてしまいます。肌のターンオーバーは主に夜行われているわけですから、皮膚に異常の起こるアトピーで、古い問題のある角質が除去されないのでは困ります。そのうえ、自律神経に影響があるという説もあるのです。アトピー患者は、自律神経にトラブルを抱えていることが多いといわれているので、カフェインが悪い方向へ作用していることは大いに考えられるでしょう。

とはいえ、いきなりコーヒーを断つのは難しいものがあります。休憩時間に飲む一杯のコーヒーが楽しみ…なんていうこともありますよね。アロマの効果で気分をリフレッシュするなど、コーヒーには飲料としての役割以上の何かがあると思えてなりません。

そこで、デカフェのコーヒーを取り入れてみましょう。これは特殊な製法でカフェインを除去したもので、コーヒーだけでなく紅茶も存在します。ただし、普通のコーヒーに比べてコストがかかりますので、手に入れにくいという難点があります。カフェインレスの飲み物といえば、妊婦さん向けにたくさん販売されていますので、そういうお店を探すのも手です。たんぽぽや黒豆で作ったコーヒーや、香りの良いハーブティーなどもありますし、インターネットでも探しやすいので、難なく見つけることができるでしょう。

アトピーで色素沈着が気になるならやっぱりビタミンを摂るしかない!

アトピーといえば、黒ずんでしまった傷跡…これはもう、何をしても元には戻らないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません!色素沈着にはビタミンが効くんです。

アトピーで思わず掻いてしまった傷口や、湿疹による炎症が引いた後に残る色素沈着…。黒ずんでしまった傷口を毎回見るのは、本当に苦痛ですよね。病院へ通っても処方されるのはステロイドばかりで、色素沈着の改善になるものではありません。

黒ずんだ傷跡が気になる方は、ビタミンを摂りましょう!ビタミンには、かぶれによる色素沈着を改善する効果があります。例えば、ビタミンCにはしみや色素沈着の原因であるメラニンを薄くする働きがあります。メラニン色素を作るというチロシンの発生を抑え、色素の沈着を防ぐのです。メラニンを取り除く効果はありませんが、代わりにビタミンEを摂ることで、肌の血行を良くして新陳代謝を高め、ビタミンEがメラニンを体外に排出するといわれています。ビタミンEは水に溶けにくく脂に溶けやすく、水溶性であるビタミンCと共に皮膚を守る役割があります。更に、ビタミンB2やB6もこれを助ける作用がありますので、併せて摂るようにしましょう。

ビタミンは野菜や果物にも豊富に含まれています。また、ビタミンにはアトピーの症状を軽減する効果もあり、体内のバランスを整えるといわれているので、肌のためにも新鮮な野菜や果物を食べてビタミンをたくさん摂取しましょう。

ビタミンは食べ物やサプリメントから摂るだけではなく、塗ることでも吸収することができます。ビタミンC誘導体や、ビタミンE誘導体が含まれる物はたくさんあるので調べてみましょう。誘導体とは、肌の奥まで浸透する水溶性の物質です。色素沈着の原因であるメラニンまで届き、直に効果を及ぼします。ただし、炎症がある状態では効きがよくありませんので、症状が落ち着いてから使うようにしましょう。ビタミンE誘導体には、この炎症を改善する働きがあるといわれています。また、保湿にも優れており、美白効果があるため、炎症や色素沈着に悩まされるアトピーにはまさにうってつけでしょう。

過敏症の一種であるアトピーになってしまったら始める治療を学ぼう

アトピー性皮膚炎になってしまったら、一体どんな治療をするのでしょうか?初めてで何もわからないのは不安ですよね。薬のこと、生活の中でできること、症状の原因について…。病院へ行く前に、アトピー性皮膚炎の治療についてちょっとだけ学んでおきましょう。

アトピーの治療には、大きく分けて3つのステップがあります。まずはスキンケア。そしてよく効く薬の処方。最後に、原因である物質を突き止めて、それを除去することです。では、詳しく見ていきましょう。

最初に、スキンケアについてです。これは何も、若い女性がメイクのためにやることだけはないのです。スキンケアとは、清潔で潤いのある皮膚を保つ、肌のための基本中の基本のこと。入浴またはシャワー、そして保湿成分での潤いの補給です。入浴では、汗や汚れをしっかりと落として清潔にする必要があり、1日に2回のシャワーが必要です。汗をたくさんかいたときや、暑い時期などは更に回数を増やします。そして、入浴後には保湿を忘れないようにしてください。汚れだけでなく、皮膚の必要な脂も流れ落ち、大変乾燥しやすくなっていまるので、乾燥してしまう前に保湿剤を塗りましょう。3分~5分以内に行うのが効果的です。

次に、外用薬のステロイドの処方についてです。ステロイドは炎症を抑えてくれる塗り薬で、効き目の強さで5段階に分類されています。症状の程度や患部の位置により、適切な処方であれば副作用を気にする心配はありません。ステロイドには高い治療効果があることが証明されており、必要な量や回数、期間に注意しながら余裕を持って減らしていく必要があるでしょう。

そして、最後は原因である因子について特定します。これは、アトピー症状の大元を断つ必要があるからです。因子は年齢や体質によっても異なりますが、生活環境のあらゆるところに因子が隠れている場合があります。乳幼児期では食品や、汗などの皮膚の汚れが原因となっていることが多いですが、それを過ぎるとハウスダストやダニ、カビ、ホコリといった環境的なファクターである傾向があります。それぞれの患者により異なるので、医師とよく相談してアトピーの悪化原因を突き止めましょう。原因がわかれば、それをできるだけ排除することで、あなたのアトピー症状はきっと軽減することでしょう。